カテゴリ:うちのごはん( 10 )

玄米ごはん

実家で玄米と野菜料理のおいしさに改めて気づき、
シンガポールに帰ってきてから、玄米を食べるようになりました。
今までも玄米は時々炊いていたけれど、子ども達は食べてくれないだろうな、と
勝手に思い込んで、雑穀を白米と一緒に炊いていただけでした。
それに、日本のおいしい有機栽培の玄米はなかなか手に入らないし、、と考えていたけど、
近所のスーパーにも売っているUS産オーガニックのshort grainにトライしてみたら、
これがなかなか~

点子ちゃんもアン子ちゃんも玄米大好き!!
二人とも玄米に野菜やいりこ粉、ちりめんじゃこを入れたおじやが大好物です。
ダンナさんも玄米を時々食べています。
彼の場合、お弁当は大体サンドイッチかパスタで、
夕飯は炭水化物を食べないようにしているので、
あまり米飯を食べる機会がないんですけどね。

圧力鍋でほっこり炊けた玄米はおいしい!
そして、梅干やひじき、野菜、豆が本当に合う~
納豆も手作りが簡単にできるということを教えてもらって、せっせと大豆を炊いて、
市販の納豆を混ぜて、常温において置くと、あれー!納豆になっている。
これも本来の豆の味が生きてすっごくおいしい。子ども達には豆の粒が大きいので、
たたいてひきわり納豆にしてよく食べています。
c0086709_11443155.jpg

小さい頃、玄米と小豆を特殊な釜で炊いて時々食べていたことを思い出しました。
「酵素が沢山入っている」と両親が言ってたのを今も覚えています。
小豆は あな吉さんの炊き方で炊いて、玄米ご飯に黒ゴマと塩と混ぜておにぎりに。
手前の小さいのは点子がむすびました。
c0086709_1145469.jpg

今回実家に帰って母のご飯をたべて、改めて気づかされました。
父と母は私達子どもにおいしくて体によいものを日々手作りしてくれたこと。
東城百合子さん、養生園の竹熊先生、免疫学等沢山勉強して実践してくれていたこと。
そういう「地味なごはん」や泡立たないシャンプーやせっけん洗剤に反発して、
実家を出たらジャンキーに走ってみたこともあるけど、
やっぱり心から「おいしい」と思えるもの、「食べたい」と体が教えてくれるもの、
体や環境に「良いもの」は両親が教えてくれたものでした。

忙しいからと日々のご飯や色んなことをなーなーにしていた自分を反省しました。
両親はもーっと忙しかったはずなのに、ちゃんとしてくれたじゃない。
私も娘達にちゃんと伝えたい、と今回の帰省で深く感じたのでした。

ずーっと存在を忘れていた「梅肉エキス」。お友達が飲んでいるのをみて、
そういえば私も子どもの頃、両親が手作りしてくれたのを毎朝飲んでた!と思い出し、
数ヶ月前から飲み始めました。
点子ちゃんは「すーっぱいね~」といいながらも、エキスをそのままなめます。
アン子ちゃんはすっぱさに毎回びっくり!それでもほんの少しなめている(笑)

*おべんと*
先日幼稚園の遠足でお弁当を作っていかなければいけませんでした。
これが、もう!慣れないので、緊張のあまり寝坊したらどうしよう、と5時半に目が覚めるし、こんな小さなお弁当箱のために1時間くらい格闘しました。
お弁当はやっぱり慣れて要領をつかむことでしょうね。
世の中のお弁当を毎朝作っている方々につくづく敬意を感じた朝でした。
c0086709_1145365.jpg

運動会がキャンセルになってしまって、振り替え休日の予定だった月曜日はお弁当持参。
この前とほとんど同じ内容でごめんね。。
旦那さんも便乗して日本のお弁当の日になりました。
c0086709_11461077.jpg

帰ってきたら、お弁当が空!空のお弁当箱ってこんなに嬉しいんですね。
[PR]
by yoyotto-singa | 2011-10-04 11:59 | うちのごはん

近ごろ食べてたもの

点子が体調を崩したと思ったら、旦那さんも高熱が出たりと悪くなりました。
インドへの出張とちょうど重なってしまったけど、
この体調不良のままインドは過酷だっただろうな。
もし新型インフルエンザと疑われ、隔離されたりしたら。。
インドで隔離。。うー
日ごろの激務の疲れが出たようなので、ここはゆっくり安静にすることにしました。
いつも本当にお疲れ様です。お仕事がんばってくれて、ありがとうね。

スープをよく作ります。
野菜やら肉やら色々1つの鍋で調理できるし、
なにより、点子ちゃんが機嫌よく一人で遊んでいる隙をみて少しずつ支度ができるし、
煮込むだけだから!
6時頃点子と私は夕食を取って、7時半ころ帰ってくるパパにも温めて出すだけでいいし。楽。
暑いけど熱いスープ。

シンガポールに住むようになって、食卓によくのぼるビーツ。
ボルシチ。ビーツはあらかじめ丸ごとゆでて置く。スペアリブ、にんじん、リーク、セロリ、
じゃがいも、玉ねぎ、キャベツ、きのこ等残り野菜を入れて。
スメタナ(サワークリーム)があるとぐんと本格的。
c0086709_22243535.jpg

点子さん用。
c0086709_22245257.jpg


旦那さんが時々食べたがる、ヌードルスープ。
子どもの時、病気の時によく食べたそう。
にんじんでかっ! 鶏肉で出しをじっくり取り、セロリ、玉ねぎ、にんじん。
仕上げにスープ用ヌードルを投入。
c0086709_22251728.jpg


点子用にわざわざ何か作るのは面倒なので、大人用に味付けする前に
取り分けて、大きいようならフードプロセッサーにかけています。
ほぼ毎日活躍しているブレンダーとFP!
c0086709_22262153.jpg


粉ものも。
旦那さんの実家付近で食べられている簡単パスタ シュペッツレ
レンズ豆のソースをかける食べ方もおいしいけど、私達が好きなのは
おいしいチーズ(ドイツからこっそり持ってきたもの)を熱々にどっさり混ぜて、
胡椒を挽いたもの。
c0086709_22301591.jpg


簡単ニョッキ! いつもこぐれさんの作り方を参考にしてます。これでふんわりおいしい。
ほんのりオレンジ色なのは、、、
点子が全然食べてくれなかったにんじんのピュレを入れてみたから。
c0086709_22335283.jpg

c0086709_22341412.jpg

手前はトマトとバジル、玉ねぎをマリネしたもの。
奥はゴルゴンゾーラに牛乳を入れてチン!しただけの簡単ソースで合えたもの。
おいしい~

くたくたに蒸し煮したブロッコリ
c0086709_22483826.jpg

これは点子と旦那さんの大好物でもあります。
私もこのクタクタ煮を知ってから、
固くゆでたブロッコリーはいまいちと思うようにさえなりました。
点子はこのまま、パクパク。
大人はオリーブオイルと胡椒を挽いて。あっという間に平らげてしまう。
本当にクタクタに火が通ったからこそでる、旨みというか。ただのブロッコリなのに、偉い!
あな吉さんのレシピ参考。
[PR]
by yoyotto-singa | 2009-06-16 22:54 | うちのごはん

むしょうに食べたいっ

☆お友達のお家で頂いたゴーヤチャンプルーがとてもおいしかったので、
早速、近所の中国スーパーでゴーヤを買って作りました。
私が見た限り、2種類あって、大きいつるつるしたのと、日本にあるゴーヤのミニバージョン。
c0086709_22314461.jpg
ゴーヤは少し厚めに切って、水に20分ほどさらすと苦味が薄れ、歯ごたえもよくていい、と
どこかで読んだので、その通りにしてみたけど、苦いっ!
お豆腐は豆干という木綿豆腐の水気がもっと切れたような感じのものを使用。
c0086709_2232794.jpg
歯ごたえは少し劣ってももっとゴーヤ薄切りにすればよかったなぁ。
ゴーヤは大きいつるつるの方が苦味が弱いし、大きくて作業も楽。
今度から小さいの買わないっ。
点子ちゃんにはお豆腐だけあげてみたけど、あまり好みじゃなかったのか、
少ししか食べてくれませんでした。
ダンナさんはゴーヤは嫌いなので、食べるのは私だけか。。
小さい頃も夏にはよく苦瓜(にがうり)が食卓に上ったけど、私は苦いし嫌いでした。
でも、大人になってあの苦さがいい!とおいしく思えるようになった。


☆ダンナさんが作ってくれる料理のレパートリーは3-4品と非常に限られているけど、
そのどれもいつ作ってくれてもおいしいものばかりです。
彼のトマトソースはなぜかおいしい。そして、少しやわらかめにゆでたパスタに合う!
c0086709_22333077.jpg

c0086709_22335256.jpg
点子ちゃんもお皿いっぱい平らげました!

☆残ったトマトソースを利用して、ラザニアを作りました。
ラザニアって時々むしょうに食べたくなる。
今回、ベシャメルソース(ホワイトソース)にほうれん草を入れました。
c0086709_22342971.jpg
ラザニアのパスタ?はインスタントではなくて、面倒でもやっぱりゆでるタイプのほうが
断然おいしい!と再確認しました。
自分でつくるラザニアは塩分もオイルも控え目にできるし、ソースに野菜を沢山入れられるし
食べ終わって体が重たくない。 点子ちゃんにも上げてみたらよろんで食べました。

☆ダンナさんのリクエストでよく作る「レンズ豆のスープ煮 Linseneintopf」
c0086709_22344920.jpg
緑レンズ豆、ドイツのハム、セロリ、にんじん、たまねぎを煮るだけの簡単料理。
それにレンズ豆には鉄分がたっぷり。
各自バルサミコ酢を好きなだけかけて食べる。
この料理も点子ちゃんにとってはお袋の味になるのかな?

☆お友達のブログでみて、どんなものか気になって気になってしかたなかった
客家の伝統的な健康食 "Tea Rice" を食べてみました!!
c0086709_22352912.jpg

c0086709_22355553.jpg
豆腐(豆干)、四角豆、インゲン、キャベツ、青菜、イリコ、ピーナツがのっている玄米ごはんに、緑茶のような様相の汁(香菜、ミント、ごま、ピーナツ、
<多分ホーリーバジルも入っているかも>)をかけて頂くもの。 
もう私の一番好きなローカルフードになりました!
とても噛み応えがある具材にさっぱりとして癖になる緑の汁が相まって
本当に健康的でおいしい♪
大好きな郷土料理「冷や汁」を彷彿させる食感と味!暑い日にさっぱりといいよね~
何で今まで知らなかったんだろう?  でも、今知れてよかったぁ~ 
だけど、好き嫌いが分かれる一品かもしれません。家のダンナさんは苦手そう。
点子ちゃんにも、こういう食べ物がおいしい!と思える大人になって欲しいなぁ。

Thunder Tea Rice
Food Republic@Vivo City  その他支店、本店あり。


*草なぎ君のことで日本は大騒ぎみたいだけど、早く彼が復帰できるといいなぁと思います。
妹が会社近くのATMに並んでいたら、草なぎ君も並んでいたそう。
そして、出口で待ち伏せして、握手して下さい、と言ったら笑顔でしてくれたそう。
そんな話も聞いたから、きっといい人だと思う。
[PR]
by yoyotto-singa | 2009-04-26 11:52 | うちのごはん

子羊のクスクス

肉!欲していました(照)

そしたら、近所を散歩していた時に羊肉屋のおじさんに偶然会いました。

妊婦期には超敏感動物嗅覚の為、とてもじゃないけれど、wet market(地元の市場)へ行く気にもなれず、そして産後も小さな点子をつれて行くのには抵抗がありました。

でも、おじさんにも出会ったし、今日思い切って久しぶりにウェットマーケットへ!

お得(1Kgで1000円くらい)で新鮮でおいしいラム肉でクスクスを作りました。
c0086709_23212532.jpg

ちょうどゆでて冷凍しておいたひよこ豆、ズッキーニ、パプリカ、たまねぎ、オクラ、クミンシードとクミンパウダー、コリアンダーパウダー、塩と胡椒。 羊からおいしい出汁がよくでています。 
クスクスにはレーズンをいれてみる。 これ、合う!美味しい♪

30度もあるシンガポールで汗をかきつつ、冬の日本に思いを馳せながら食しました。
[PR]
by yoyotto-singa | 2008-12-03 23:17 | うちのごはん

Weihnachten 我が家のごはん

今年のクリスマスもあっという間にきました。

今年はドイツの実家風にガチョウのローストを作ってみようか、と
言っていたけど、やっぱりガチョウはみつけられなかったので、
代わりにラムチョップのローストにしました。
c0086709_22234555.jpg

クリスマスなのに、、
なぜか私の機嫌が悪かったので(妊娠ホルモンのせい??023.gif
久々にケンカしたりしたけど、言いたい事をお互い言い合って、
すぐ仲直りしたのでよし、とします。 
いつも優しいダンナさん、ごめんね、怒ったりして。

毎年恒例ドイツのお母さんから手作りのシュトーレンが送られてきました!
お義母さんのシュトーレンは甘さ控えめで、素朴で本当においしい。
c0086709_22242295.jpg

生まれて初めて食べたシュトーレンもお義母さんのシュトーレンでした。
当時、まだダンナとはただの同僚で、彼が実家から送られてきたシュトーレンを
会社の皆に振舞ってくれたのでした。
あの時感激したあの味を、毎年頂けて幸せです。
お腹の中の点子もOmaのシュトーレンに喜んでいるのか、グルグル動いていました。

あと、リクエストしたマリエン薬局のStilltee、ブリタのポット型浄水器と
おまけに、お腹の点子ちゃんにちなんで、
”Pünktchen und Anton”の本もプレゼントしてくれました。
これなら私にも読めそうです。 Vielen Dank058.gif
[PR]
by yoyotto-singa | 2007-12-26 22:28 | うちのごはん

海南鶏飯

やっと作りました、シンガポール名物「チキンライス」!

まだシンガポールに来たての頃、
両親が海南出身というシンガポール人に教えてもらった、特別なレシピ。

毎回彼女に会う度に「作った?」と聞かれ、「まだなの。。」と情けない返事をしてました。

なぜ、こんなに長い間試さなかったか、というと、
シンガポールで売られている鶏一羽まるごとには、顔と足先(爪)がついているから!!
さすがの私も「怖ーー」と思っていたのでした。

でも、カゼをひいてしまって、コラーゲンたっぷりのスープが食べたくなったので、
ついでに思い立ってチキンライスを作ってみることにしました。

まず、何はともあれ、カンポン(甘、木へんに「傍」の右側)種という鶏を使うこと、だそうです。
カンポン鶏は普通のチキンより少々値段が高く、皮が黄色っぽい。
よくあらったおなかにしょうがとにんにくのすりおろしをいれ、表面にも塩をすりこむ。
その後、40分ほどゆでて、肉は取り出し、表面にごま油と薄口しょうゆを薄く塗っておく。
一緒にできたスープでご飯をかために炊いて、出来上がり!
師匠は、ご飯に3-4粒の小さなクリスタル砂糖(ざらめかな?)を入れるそう。
とても健康的な味!(スイートチリソースも手作り)
c0086709_1440499.jpg

おまけのスープ(野菜をたっぷり入れる)
c0086709_14413423.jpg


===================================
話は変わって、
シンガポールに来てもう何度手巻き寿司パーティーをやっただろう?というくらい
家に友達が遊びに来た時、招待した時、「自分で好きな具を巻く」のが楽しいし、
日本らしいので、よく登場します。 ちなみにポットラックの時は巻き寿司かお稲荷さん

昨日も友達夫婦が遊びに来て、夜の7時から初めて朝の4時まで、食べて飲んで、
毎回驚くけど、彼らとはいろんな話題について、ホントによく話す。。
無性に食べたくなったアスパラガスとえのきだけを豚肉で巻いたものも作りました。
これはいつも外国人に大人気!
c0086709_14513843.jpg

自家製ガリを今年も作りました!c0086709_145283.jpg 
常夏のシンガポール。四季がなくて、悲しくなることがあるけれど、
新ショウガが出回るのは今頃だけ。
小さな季節感を大切にしたいと思います。

c0086709_14562154.gif
[PR]
by yoyotto-singa | 2007-07-08 14:56 | うちのごはん

DISHY!

時々図書館に行きます。

この前みっけた、私の琴線にビンビン触れる料理本 DISHY

c0086709_22575123.jpg
c0086709_22581956.jpg


c0086709_2301115.jpg

私にとって至福なひと時とは、週末の早い夕方からお酒を飲みながら、料理を作ること!
そこに音楽があったり、ダンナと話しながらだったりと、
ゆっくり暮れてゆく夕日と台所が幸せ~

最近作ったもの
orange salad with caramel
<オレンジにカラメルを半分はくるみをキャラメリゼし、半分は水分を加えてドレッシングに>
c0086709_2304942.jpg

好きなものプレート
<毎度お世話になってまっす、トルコのブルグル・赤レンズ豆のお団子、チャチキ、
タボレ、フムス>
c0086709_2311818.jpg


c0086709_2371277.gif
[PR]
by yoyotto-singa | 2007-01-24 23:05 | うちのごはん

ヴェトナムごはん~緑みどり~

日本はだいぶん秋らしくなってきたようですね。

日本がだんだん秋色に染まっていくのに反して、
うちごはんは、みどり溢れるヴェトナムごはんでした。

1, オクラカレー
N.Yの"Saigon Grill"でずいぶん前に食べたオクラカレーが懐かしくなって、思い出しながら作ってみました。
c0086709_2172338.jpg

オクラは塩で板ずりして色よくゆで、玉ねぎとトマト、カレー粉、オイスターソースで味付けしたソースにさっと入れて、出来上がり。玄米のようにみえるのは、ブルガー麦です。トルコの豆団子(メルジメッキ・キョフテシ)以来すっかり大好きになった食材で度々登場します。
"Saigon Grill"のヴェトナム料理は大味のアメリカ食に疲れた時にとても嬉しく、N.Yに行く度に通った場所です。温かいお茶が飲み放題だし、野菜やハーブがたっぷりの料理たち。
安くておいしいおすすめのお店です。

2, 生春巻き
葉っぱをワシワシと食べたくなり、クレソン、ミント、コリアンダーにきゅうりと海老、
ゆで豚をめいめい挟んで食べました。
c0086709_21134176.jpg

スイートチリソースは高山なおみさんのレシピ(『きょうの料理』2005年8月号)を参考に作りました。生の赤唐辛子を少し煮て、手でちぎり、あらかじめ水と砂糖を煮とかしたもの、にんにくをすり鉢ですり、酢、ナンプラーを入れるだけです。
生春巻きの皮を戻すのって難しいんですね☆ 皮どうしがくっつきまくり・・
でも、さっぱりしていておいしかったです。

3, フォー
フォー麺の代わりに、春雨で。
おいしいスープを作り、ミント、もやし、バジルをのせて出来上がり。
c0086709_2119512.jpg

ちょっと最近食べすぎかな、という時にさっぱりしていてありがたい麺です。

c0086709_21233732.gif
[PR]
by yoyotto-singa | 2006-09-20 21:23 | うちのごはん

巻き寿司、おいなりさん

先週の金曜日は、友達の結婚B.B.Qパーティーでした。

何かちょっこっと持って行くことになり、日本のフィンガーフードと言えば、
巻き寿司!ということで、ここでも手に入りやすい具で作りました。
c0086709_10192988.jpg
具は厚焼き卵、日本のきゅうり、にんじんと蓮根をだしで煮たもの、しいたけの含め煮、
アボカドのわさび醤油和え、鶏肉のにんにくしょうが焼き、しそ、レタス、海老の酒煮等。

寿司酢は、ガリのお酢を基本に塩・ほんの少しのお砂糖で調味。
皆に「おいしい!」と言ってもらえて幸せでした。
B.B.Qパーティーでは初めて会う人も沢山いて、わいわいとホントに楽しかったです。

もうひとつ、先週、無性に食べたくなって作った稲荷寿司
c0086709_10262276.jpg

やっぱり、あげの味つけが難しいな~としみじみ思いました。今回のは、ちょっとしょっぱかったな。去年、東京でポットラックパーティーをした時、Mさんが持ってきてくれたおいなりさんの「あげ」の味がいい塩梅でものすごくおいしかったんです。
Mさんのあげの味を目指したけど、まだまだ修行が必要。

c0086709_10283744.gif
[PR]
by yoyotto-singa | 2006-09-04 10:31 | うちのごはん

なすたっぷり、ヘルシームサカ

バスで移動する事が多いのですが、
シンガポールのバスは「次は○○に停まります」というような事を言わないんです。
(確か香港も言わなかったような。。)

なので、初めて行くところは、バス乗車中も、外を見回し、「何番目のバス停」と数えたりして、終始緊張しているんです^^;
先日は、案の定、降りるべきだった所を通り過ぎ、しょうがなく終点まで乗りました。

その終点は、雰囲気がまた違っていて、その近くのスーパーへ行ってみました。

そしたらですね、いつも行くスーパーと違う品揃えで、野菜各種大売出しだったんです!
そりゃもぉ、血が騒ぎますよ。 本来の用事もそっちのけで、買って帰りました。

大量のナス。2本は焼きなすにしたので、残り4本はムサカにしました。
なるべくオイルを極力控えて、でもコクがあって、おいしいものを作ろうと実験しました。

ミートソースは、オイルを一切加えず、野菜とひき肉をじっくり炒めて、トマトソース、ウスターソース、シナモン、ナツメグ、カイエンヌペッパーを入れ、煮込む。

ナスは、大さじ1杯程のオリーブオイルで、弱火でじっくり焼いてみることに。
まるで、たっぷりのオイルで焼いたように、ジューシーになるようにと念じながら。
そしたら、そとはカリリと中はもったりとおいしく焼けました。

ナスとミートソースを重ね、チーズをおろし、オーブンへ。
初めて焼いてみたピタパンとチャチキを添えて。
c0086709_10473382.jpg
結構おいしくできました。自画自賛。

暑いですね~ シンガポールは常夏っす。ないものねだりで、雪を見たくなりました。
c0086709_10494797.jpg


c0086709_1141885.gif
[PR]
by yoyotto-singa | 2006-08-18 10:54 | うちのごはん


常夏シンガポールでの日々


by yoyotto-singa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

ライフログ


わたしのロバと王女


親だからできる赤ちゃんからのシュタイナー教育―子どもの魂の、夢見るような深みから


クウネルの本 ずらり 料理上手の台所 (クウネルの本)


イタリア料理の本


ブローチ


ライスビート―たべてきこえるマクロビオティック


VEGE BOOK3 ヴィーガン・デザートをつくろう!


あな吉さんのゆるベジ10分レシピ―肉・魚・卵・乳製品・砂糖・だし不要! 「いただきます」まで10分の、野菜どっさり

カテゴリ

全体
singapore暮らし
保存食づくり
うちのごはん
ニンプ
点子ちゃん
子育て
ベジマニア
おやつ
パン
レストラン・バー
皆さんのレシピで

ドイツ
私のこと
アン子ちゃん
出産
熊本
未分類

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧